Apple iWorkアップデート

米Appleは4月1日(現地時間)、「iWork」のiCloud版(β)、Mac版、iOS版をそれぞれアップデートを発表しました。

20140402-231921.jpg
iWorkは、米MicrosoftのOfficeと競合するオフィススイート。ワードプロセッサの「Pages」、スプレッドシートの「Numbers」、プレゼンテーションの「Keynote」で構成されていて、iCloud版は、WindowsでもWebブラウザ経由で利用できます。

 今回のアップデートでは、全エディションにドキュメントの共有方法として「表示のみ」(閲覧は許可しても編集はできなくする)設定が追加されました。

iCloud版は、エディタのデザインが一新され、iCloudメールからドキュメントを開けるようになり、Retinaディスプレイにも対応しました。
「Pages」には新しいテンプレート、テキスト折り返しの改善、書き出したグラフの編集機能が追加され、「Numbers」はポップアップメニューのサポートが強化、「Keynote」も書きだしたグラフの編集が可能になりました。
アップデートの詳細は以下の通りです。>

20140402-232018.jpg

20140402-232025.jpg

20140402-232031.jpg
Mac版をアップデートしてみたところ、UIは特に変更は内容でしたが、動作が少し軽くなった気がします思います♪
>

あわせて読みたい

コメントを残す