熱収縮フィルムの紹介(^O^)/

パッケージングをする際放送部でよく使用するのが熱収縮フィルム(=通称シュリンクフィルムなど)です。

net-83

 

まず熱収縮フィルムをシーラーで封をします。

次に、ドライヤーを使用して熱縮していきます。

net-82ドライヤーの風を当てるときは当てすぎるとフィルムに穴が空くので注意してください。

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す