変換コネクタの修理

放送室の変換コネクタ入れの中に、先輩方が自作されたらしいものがあります。

長年使っているそれらのコネクタで、壊れていたり、絶縁がしっかりできていないものがあり、音や画像にノイズが出るものもありました。最近ディジタル化が進み使用してる周波数も高くなり、シールドなどもしっかりしてないといけないので、先輩方が作られた、これらのコネクタの修理したいと思います。

先輩たちが制作したのもはすでに結構な年数が経っていると思われ、はんだも外れていたので修理を行いました。

SDI延長コネクタの修理(絶縁をしました)

スライド9

↓ 

スライド11

 

 

ピン延長コネクタの修理(絶縁)

スライド8

スライド13

 

 

SDIとピンコネクタ(半田はずれの修理、絶縁)

スライド6

 

スライド15

 

 

ピンとミニ(半田はずれと絶縁)

スライド10

スライド14

これら全てハンダ付けをしなおして、ホットガンで絶縁をしました。

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す