【新製品発表】新しい『とびとびくん』

以前ATEX社で取り扱っていた「HDwarpvision」をベースに開発した、「とびとびくん」は私達の収録スタイルを根底から変えるものでした。

これに替わる「無線カメラ」の開発を、春からはじめました。

まず、旧製品の使いにくい所をあらいだしましたところ、①重い(大きくて邪魔)、②広い所では、映像が切れる、③小さなカメラには付きにくい、などがあがってきました。

そこでそれらの欠点を克服した製品開発をいたしました。

以前「パンダスタジオで行った本校製作機器展」と「ビデオサロン9月号」で、開発中の製品が紹介したので、ご覧になったかたもいらっしゃるかもしれませんが。

SONY DSC

ベース製品はスティック型なので小さくて軽い。

そして、前製品に比べ熱がでません。(あまり熱くならないんです。)そのため効率が上がったのか、前の製品にくらべ飛びます。

今回は5V出力のモバイルバッテリーを使用して1時間半以上もちます。

旧製品は公称30mでした。室内競技場のようにだだっ広い場所では、ブロックノイズが出る場合がありましたが、新しいものは映像が切れずに伝送してくれます。

 

あわせて読みたい

コメントを残す