MacminiにWindows8.1をインストール

Macmininにブートキャンプを使用してWindows8.1をインストールしました。
先日もお伝えしたとおり、画面が真っ白になる現象に何度も悩まされ、やっとインストールをができました。
スクリーンショット 2013-11-21 17.13.21
ブートキャンプを起動すると、チェックボックスが写真に写っているように3項目表示されます。
今回は一番上以外の項目ににチェックを入れます。(外付けDVDドライブを使用するため)
スクリーンショット 2013-11-21 17.15.55
続けるをクリックするとWindowsのサポートソフトウエアのダウンロード先を聞かれます。
スクリーンショット 2013-11-29 13.00.36
ダウンロード先を選択後続けるをクリックするとパスワードが求められます。
スクリーンショット 2013-11-29 13.29.47
パスワードを入力するとダウンロードが始まります。
スクリーンショット 2013-11-29 13.26.46
Windowsサポートソフトウエアをダウンロード後パーティション割りに移ります。
スクリーンショット 2013-11-29 13.33.01

    今回は均等にパーティションを割りました。
    スクリーンショット 2013-11-29 13.33.28
    パーティション割りが終了すると再起動され、Windows8.1のインストールに移ります。

    20131204-210556.jpg
    インストール先などを選択後個人情報を入力、そしてMicrosoftアカウントの作成へ移ります。

    20131204-210728.jpg

    20131204-210742.jpg
    それらが終了すると再起動されて、いよいよWindowsが起動する準備に入りますw

    20131204-210844.jpg

    20131204-210853.jpg

    20131204-210859.jpg
    そして、やっとWindows8.1が表示されました〜

    20131204-210957.jpg
    インストールご使用して見ての感想ですが、Macの時よりもマウスの操作が素早くなりました。また、右クリック,左クリックも出来るようになっていましたw

あわせて読みたい

コメントを残す