iWorkアップデート

先日 Apple が発表した通り、Mac 版の iWork である Pages・Numbers・Keynote でツールバーのカスタマイズが可能になりました。

現在の Mac 版では旧バージョンの機能が削除されたため、一部ユーザーから批判が上がっており、Apple が削除した機能を戻すと発表していました。

これに合わせてか iPhone/iPad 版 iWork アプリもアップデート。Keynote には新たなトランジションとビルドが追加されています。

App StoreからPages・Numbers・Keynote の3つのアプリがアップデートできるので、【すべてアップデート】をクリックしてアップデートします。
スクリーンショット 2013-11-25 16.32.47

Mac版Pages・Numbersの変更点

Keynote に限らず、Pages・Numbers でもツールバーのカスタマイズが可能です。

Pages では、ページ中央と端を表すガイドが表示されるようになりました。図形・テキストボックスなどが整列させやすくなります。

Numbers では、ファイルを保存する際にウィンドウのサイズと配置も記憶。次に開く際に同じサイズ・位置で表示できるようになりました。

さらに環境設定ではデフォルトの拡大/縮小率も設定できます。

iOS 版の Pages・Numbers には新機能は追加されず、安定性向上・問題の修正が行われています。

Keynoteに追加されたトランジション・ビルド

Mac・iOS 版の両方の Keynote にはトランジション・ビルドが追加されました。

トランジションは以下のものが追加されました。

  • ブラインド
  • カラープレーン
  • コンフェッティ
  • 落下
  • 遠近感
  • ピボット
  • スウォッシュ

ビルドは以下のものが追加されています。

  • ブラインド
  • フライイン
  • フライアウト
  • 軌道
  • ピボット
  • 拡大
  • スウォッシュ

 

あわせて読みたい

コメントを残す