EDIUS コンソリデート

コンソリデート機能を使用すると、そのプロジェクトで使用している素材を収集して、保存をすることができます。編集終了時やプロジェクトのバックアップを行う際に便利な機能です♪

やり方は、保存ボタンの右にある小さな三角をクリックして、「プロジェクトのコンソリデート」を選択すると、プロジェクトのコンソリデートダイアログが起動します↓

image

「プロジェクト保存位置」欄で保存先を指定し、「設定」欄で収集するファイルの条件を指定します。
「実行オプション」ではプリセットのような形で事前に用意されている収集条件を選択することができます。選択した項目の説明が下に表示されるので、こちらも参考にしてみてください。

image

実行オプションで「カスタム」を選択した場合は、上図のように設定項目が表示されます。

あわせて読みたい

コメントを残す