DaVinciResolive10.1バージョンアップ

Blackmagic Design より、1月16日にDaVinci Resolve 10.1 ソフトウェアがリリースされました。
今回のアップデートでは、新しい編集機能および3D ステレオスコピック機能、そしてFinal Cut Pro™ X 10.1 のサポートが追加されました。既存のDaVinci Resolve ユーザーは、Blackmagic Design のウェブサイトから、無償で同ソフトウェアをダウンロードすることができます。 また、今回のDaVinci Resolve 10.1 アップデートでは、編集機能として、例えば、ユーザーは編集中に複数のショットをプレビューしたり、並べて確認したりできるので、即座にショットを切り替えてクライアントにタイムラインから直接ショットのオプションを提示できるようになったそうです。エディターはドラッグ&ドロップするだけで各クリップを編集タイムラインにコピーでき、編集作業で同一のフッテージを異なるパートで使用することが可能です。

放送部でもバージョンアップしてみました。
まだ、細かなところまで触って見てませんが前バージョンよりも少し動きが軽くなった気がしますw

20140118-212725.jpg

あわせて読みたい

コメントを残す